ちたんな日々

知多半島出身、現在西三河在住。乗り物成分多めです。
ごゆるりと、お付き合いくださいませ。
<< あなたのGWの予定を教えて! | main | 2015 丸栄鉄道模型展 >>
岐阜小旅行 〜帰ってきた丸窓電車と金華山ロープウェイ〜
0

    いよいよゴールデンウィーク到来ですね。
    初日の今日29日は、岐阜県揖斐郡大野町にある「黒野駅レールパーク」と、岐阜市の岐阜公園・金華山へ日帰りで行ってきました。



    名鉄特急に乗って名鉄岐阜駅にやってきました。

    今回は、今から10年前の2005年に廃止された名鉄揖斐線・黒野駅跡地にできた「黒野駅レールパーク」と、岐阜市にあるロープウェイ「金華山ロープウェイ」をめぐりに行きます。



    近年設置された歩道橋から眺める、名鉄岐阜駅前・かつての電車通り。

    かつては道の中央に路面電車の線路がありましたが、ほとんど面影がありません。

    今では路面電車の代わりにたくさんの岐阜バスが走っています。


    路面電車があった頃はこんな風景でした。
    (2002年撮影)

    そんな名鉄岐阜駅前から、岐阜バスに乗って黒野駅レールパークへ向かいます。

    今回は、岐阜バスの春季限定・土休日専用一日乗車券を利用しました。

    岐阜バスが導入しているICカードと同じ名前のキャラクター「あゆか」が描かれたこの乗車券ですが、なんと500円という破格値!

    有効範囲の路線規模と運賃を考えると、ちょっと使うのが申し訳なくなるぐらいの安さですが、今回はありがたく使用させていただきました。

    名鉄岐阜駅からバスに揺られて約50分、岐阜県大野町の「黒野八幡(はちまん)町」バス停に到着しました。




    バス停から歩いて数分、黒野駅レールパークに到着です。

    ここで、黒野駅について軽く紹介しておきます。

    黒野駅は、1926年に開業し、一時は名鉄揖斐線・本揖斐方面、名鉄揖斐線・忠節・新岐阜駅前方面、名鉄谷汲線・谷汲方面の3方向に線路が伸びる接続駅となっていました。
    しかし、2001年には乗客数の減少などから、揖斐線の黒野〜本揖斐間、谷汲線の黒野〜谷汲間(全線)が廃止され、終着駅となりました。

    そして2005年、ここ黒野駅を含む揖斐線に加え、岐阜市内線、美濃町線、田神線の名鉄600V各線が廃止となり、同駅も役割を終えました。

    その後しばらく、黒野駅跡地はほぼ手つかずの状態でしたが、2013年に再整備され、黒野駅レールパークとして生まれ変わりました。

    そんな黒野駅レールパークに、今年2015年、大きな動きがありました。それがこちら。



    岐阜県美濃市の旧名鉄美濃駅から、かつて黒野駅や揖斐線などでも活躍した「名鉄モ510形」がやってきました。

    黒野駅レールパークは保存車両を持たない施設ですが、廃止から10年という節目に当たり、来年3月末までの期間限定で貸し出されています。

    ホームや線路も綺麗に整備されていて、今から走りだすのではないかと錯覚してしまいそう……。



    名鉄モ510形は戸袋にだ円形の窓が配置されていり、「丸窓電車」の愛称で親しまれていました。

    大正15年(1926年)にデビューしたモ510形ですが、一部車両は路線廃止の2005年まで現役を貫きました。
    その年数、実に79年!よく走ったものです。



    ホームの柱にはプレートが設置され、モ510形を歓迎していました。




    駅舎だった建物は焼きたてパン屋が入居して営業している他、少数ながら標識や碍子(ガイシ)などの資料が保存されています。



    現役時代の黒野駅はこんな感じでした。現在は、ちょうどこの写真の電車が止まっている2番線側の線路とホームが保存されています。
    (2003年撮影)



    また、黒野駅には車庫が併設されていて、モ510形が休んでいる姿が見られることもありました。
    (2003年撮影)

    そういうこともあり、今回の510形貸し出しは「里帰り」とも言われています。

    岐阜バスに乗って岐阜市へ戻り、金華山ロープウェイや岐阜城のある岐阜公園にやってきました。

    公園入口からロープウェイ乗り場へ向かう途中の池でちょっと写真撮影。
    こういうところにイジれるカメラを持って行くと、なかなか遊び甲斐があります。



    寄り道をしつつも金華山ロープウェイに乗ります。



    せっかくなので岐阜城に登ってきました(有料、大人200円)。


    岐阜城から眺める岐阜市の町並み。
    曲がりくねりながら流れる長良川に沿って、沢山の建物が建てられています。

    これだけの街中にありながら、自然豊かな状態が保たれている金華山もすごいですね。


    岐阜長良川球場

    プロ野球中日ドラゴンズの地方球場公式戦が開催される球場です。
    近年では読売ジャイアンツもここで公式戦を行うようになりました。


    長良橋

    長良川にかかるこの橋は、鵜飼とセットで有名です。
    また、この橋を渡る岐阜バスの路線も多く、かつては名鉄岐阜市内線(本線・長良北町方面)もこの橋を渡っていました(1988年廃止)。


    忠節橋

    同じく長良川にかかる橋で、アーチが特徴です。
    こちらも、かつて路面電車(岐阜市内線・忠節・黒野方面)が渡る橋でした。


    10年前に廃止された路面電車をしのびつつ、今回の小旅行を進めてきましたが、こうしてみるとまだまだ行ったことの無い場所も多いものだと思いました。

    いつも鉄道メインの旅行なので、鉄道から離れたところはあまり行ってないですね。

    機会があれば岐阜県のもっと色々な場所をめぐりたいと思いました。
    でも鉄道にも乗りたいな〜、という矛盾。

    時間とお金が欲しい……。
     

    お出かけ | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      - | 23:13 | - | - | - | - |









      http://titanblog.jugem.jp/trackback/173



      CALENDER
      Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECOMMEND
      LINKS
      RECENT COMMENTS
      PROFILE
      MOBILE
      qrcode
      OTHERS
      Search this site.