ちたんな日々

知多半島出身、現在西三河在住。乗り物成分多めです。
ごゆるりと、お付き合いくださいませ。
<< 冷奴のおすすめの食べ方ある? | main | あれから10年 名鉄美濃町線を偲んで関・美濃へ >>
セントレア ソラシドエア&春秋航空を撮影
0

    7月5日にセントレアこと中部国際空港に撮影に行ってきました。



    しかし、この日のセントレアはどんよりとしたお天気。
    よく見るとこの飛行機、プロペラから「ベイパー」(飛行機雲の一種)が出ています。

    昼ごろには雨も落ち、スカイデッキの人気(ひとけ)もまばらに……。

    とはいえ、実は雨のセントレアでの撮影の経験はほとんどなく、それはそれで貴重な体験となりました。

    さて、セントレアにはこの春から「ソラシドエア」こと「スカイネットアジア航空」が、先だって6月末ごろからは中国のLCC「春秋航空」が就航しました。

    こんかいは新規就航したこの2社の飛行機を中心の撮影です。


    セントレアに「ソラシドエア」の黄緑色の飛行機が着陸。
    機種はボーイング737-800です。

    タキシング中の機体には「ひむか共和国」というロゴが見えます。

    「ソラシドエア」こと「スカイネットアジア航空」は九州は宮崎に本社を置く航空会社で、スカイマークやエアドゥと同時期に設立された航空会社です。

    2011年より「ソラシドエア」というブランド名の展開を始め、今年12月には社名も「ソラシドエア」に変更する予定だそうです。

    この春からセントレアに就航し、那覇便を1日1往復運航しています。

    折り返し準備が整い、プッシュバック。押しているのはANAのトーイングトラクター。

    「ソラシドエア」はANAと提携しており、セントレア発着の那覇便もANAとのコードシェア便となっています。



    そして、那覇へ向け離陸して行きました。



    先ほどの「ソラシドエア」よりもやや濃い緑色、中国のLCC「春秋航空」がセントレアに着陸。
    機種は、LCCで導入の多いエアバスA320です。

    タキシング中の1コマ。英語名は「SPRING AIRLINES」……って、秋はどこ行った?

    そんな春秋航空は2005年に運航を開始した航空会社で、日本では2010年に茨城空港にチャーター便が国内初就航しているほか、グループ会社の「春秋航空日本」がLCCとして国内線を運航しています。

    セントレアにはつい最近の6月29日に就航し、上海浦東、石家荘経由フフホト、合肥、ハルビンの4路線を日替わりで運航しています。

    通例、国際線は同じ空港の間を往復する運航方法が一般的ですが、今回撮影した春秋航空は上海浦東→セントレア→石家荘(経由地)→フフホトという、やや複雑な運航方法になっています。

    LCCゆえ、機材ローテーションの効率性を意識したものでしょうか。



    離陸滑走する春秋航空。

    最近、日中関係が色々言われていますが、その一方で日本と中国を結ぶ航空便の需要は増しているようです。

    その中でも春秋航空は、これまでセントレアとの直通便の無かった都市への便を飛ばしています。
    これを機に、セントレア国際線の活性化に繋がると良いですね。

    この他にも色々と撮影してきたので、紹介したいと思います。



    国内線スポットに並ぶ、ジェットスターとスターフライヤーの飛行機たち。
    ちなみに機種は全部エアバスA320。

    開港当初の10年前からしばらくは、ほぼANA系とJAL系(割合的にはANA系の方が多い)で占められていた国内線スポットですが、近年はLCCや新興航空会社の就航が目立っています。

    新しい時代のセントレアを象徴するような1枚ですね。


    お昼前に訪れた、国内線の出発ラッシュ。

    相次いでスポットを離れ、滑走路へ向かって行く飛行機たち。

    これだけの飛行機が一気に出発してもぶつからないのは大したものです。
    同時に、管制官の苦労がうかがえます(お疲れ様です)。


    アシアナ航空・エアバスA321のプッシュバックとタキシング中の主翼をズーム撮影。

    アシアナ航空のウィングチップがカラフルだと言うことに(今更ながら?)気が付きました。

    プッシュバックのズーム撮影をもう1枚。
    こちらはチャイナエアライン(中華航空)のボーイング737-800。

    機体の方向を変える難しい操作中の1コマ。

    この飛行機は雨の中離陸して行きました。




    午後からは雨が止み、天気は曇り。
    そのおかげか、離陸の瞬間や着陸の瞬間がうまく決まったと思える写真が撮れました。

    実は晴れより曇りの方が、遠くの視界がモヤモヤっとする「陽炎」が発生しにくいので、超望遠撮影に向いていると言えます。

    また、特別塗装機にも出会うことができました。

    「エコボン」
    ANAウィングス・ボンバルディアDHC-8-Q400

    この日は雨の中到着。

    「エコボン」はセントレアに来るたびに出会っていると言えるぐらい、頻繁に遭遇します。
    でもやっぱり撮っちゃう。



    「スターアライアンス」塗装
    ANA・ボーイング737-800

    こちらの飛行機も何回か出会っています。でも「エコボン」ほど頻繁じゃないですね。


    「南西航空」復刻塗装
    日本トランスオーシャン航空・ボーイング737-400

    日本トランスオーシャン航空の前身「南西航空」の塗装を復刻した飛行機です。
    沖縄の温暖な気候を感じさせるオレンジの配色が決まっています。

    この塗装は今回初めて出会い、結構な枚数撮影しました。



    プッシュバックのズーム撮影も。

    前面窓まわりのグレーや、鼻先(レドームと言う部分)の黒い塗装がレトロな空気を醸し出しています。

    「がんばろう日本」
    日本航空・ボーイング737-800

    旧ジャルエクスプレスの塗装と「がんばろう日本」のメッセージが残る機体。

    あれから早4年となりますが、この塗装が「まだ残っている」と言うべきか「まだ残されている」と言うべきか……。
    出会うたびに色々と考えさせられる特別塗装機です。

    ということで、セントレアでの撮影でした。

    お出かけ | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      - | 01:00 | - | - | - | - |









      http://titanblog.jugem.jp/trackback/179



      CALENDER
      Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECOMMEND
      LINKS
      RECENT COMMENTS
      PROFILE
      MOBILE
      qrcode
      OTHERS
      Search this site.