ちたんな日々

知多半島出身、現在西三河在住。乗り物成分多めです。
ごゆるりと、お付き合いくださいませ。
<< 「大人になったな〜」と思った瞬間は? | main | 祝復活! JR名松線に乗ってきた。 >>
第13回 鉄道模型展
0

    今年も名古屋市・栄の丸栄百貨店で開催された「鉄道模型展」に行ってきましたのでご紹介します。




    まずはトミックスのNゲージ大レイアウトから。

    毎年凝った背景づくりが見られるこのレイアウトですが、今年は春の田植え→夏の緑の稲穂→秋の稲刈りという、米作りの一連の流れを鉄道模型上で再現していました。



    他にも、夏の山あいの神社、切り立った岩場のある湖畔など、作り込まれた風景がトミックスのNゲージ大レイアウトにありました。




    続いてはKATOのNゲージ大レイアウトから。

    成田エクスプレス、サンライズエクスプレスなどの人気特急列車に交じって、なぜかEF510「北斗星カラー」に牽引されたオリエントエクスプレスという時代の合わない(※)組み合わせもありました。

    まぁ、そういう「たられば」が実現できるのも鉄道模型ということで。

    ※EF510「北斗星カラー」の製造は2009年、オリエントエクスプレスの日本走行は1988年



    続いてHOゲージ合同レイアウトから。

    今春、北海道新幹線・新青森〜新函館北斗間開業で話題をさらった「はやぶさ」のほか、ダブルデッカー付きの100系新幹線、元祖のぞみ300系新幹線など、往年の車両が共演する姿が今年もありました。


    続いて企業出展ブースから、まずはDDFをピックアップ。
    名鉄犬山線・犬山遊園〜新鵜沼間にある「犬山橋」の往年の姿を再現したジオラマが出展されていました。

    「犬山橋」はかつて道路上を車と一緒に名鉄電車が走行すると言う珍しい光景が見られましたが、現在は新たに道路橋が架けられたため、このような光景を見ることはできません。


    企業出展ブースからもうひとつピックアップ。ポポンデッタクラフトより、この鉄道模型展の会場である丸栄百貨店の模型が出展されていました。

    1/150スケールで、Nゲージのストラクチャ(情景部品)として使えるサイズですが、残念ながら現在、丸栄百貨店周辺の鉄道はすべて地下で、建物と鉄道の共演は現実に見ることはできません。
    市電のあった時代はどうだったのか気になります。


    最後に本日の購入品。

    先だって発売された「Bトレインショーティー」の「キハ48形 JR東海色」を購入しました。
    残念ながら実写は引退してしまいましたが、何度か乗車した事のある車両なのでその思い出をかみしめながら組み立てたいと思います。

    以上、2016年鉄道模型展の報告でした。

    - | 17:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      - | 17:52 | - | - | - | - |









      http://titanblog.jugem.jp/trackback/214



      CALENDER
      Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECOMMEND
      LINKS
      RECENT COMMENTS
      PROFILE
      MOBILE
      qrcode
      OTHERS
      Search this site.